在庫あり【送料無料】Roland ローランド 小型キーボード GO Piano (ピアノ系音色が充実) ゴーピアノ ケースセット【ラッキーシール対応】:楽器のことならメリーネット - c9331

2019-09-02
カテゴリトップ>鍵盤楽器>キーボード>ローランド
在庫あり【送料無料】Roland ローランド 小型キーボード GO Piano (ピアノ系音色が充実) ゴーピアノ ケースセット【ラッキーシール対応】
【セット内容】GO PIANO(譜面立て/ペダルスイッチ付き)×1/KOSS 密閉型イヤフォン×1/ローランドキーボードバッグ×1
電子ピアノ(88鍵盤)よりも横幅がコンパクトな61鍵キーボードで
ライブにも使える質感を持つ新しい価格帯の電子キーボード
スタッフのコメント:
【セットの特長】
持ち運び・保管に便利なソフトケース付きポータブルキーボードセットです。キーボードケースは、背負い・手提げの2WAYで使用できるローランドロゴ入りソフトケースです。

【キーボードの特長】
鍵盤楽器を始めてみたい、あるいは自宅でキーボードを弾きたいけれど88鍵盤の電子ピアノは置けない。。。という方にぴったりなキーボードです。電池駆動にも対応しており、またスピーカーも内蔵している為、場所を選ばない持ち運び用サブキーボードとしてもご活用頂けます。

61鍵盤のキーボードとしては、鍵盤が光るCASIO 光ナビキーボードなどが有名ですが、こちらのGO PIANOは対照的に、おもちゃ的な要素が全くなく、演奏に特化した本格的なキーボードです。鍵盤のタッチ感は、ピアノを弾いたことがない人でも指が疲れにくい軽めの「キーボードタッチ」になります。
安価なポータブルキーボードのほとんどは、光沢のあるアクリル製鍵盤を採用していますがGO PIANOは鍵盤の艶が少ない「象牙調」鍵盤を採用。しっとりとした手触りと長時間の演奏でも指が滑りにくいのが特長の鍵盤です。鍵盤1つ1つの横幅も生のピアノに近い幅にしているため、ピアノ経験者の方でも違和感が少なく演奏頂けるかと思います。入門キーボードとして「象牙調」鍵盤・「フルサイズ鍵盤」を採用しているキーボードは大変珍しい特長になります。

おもちゃ的な楽しさよりも、演奏性・質感を重視されるかたにお勧め致します。

■メーカーサイトより
初めて楽器に触れる方に最適な新しいコンセプトの「GO:PIANO」。コンパクト・サイズながらも本格的な音、タッチ、ペダルを実現したエントリー向けのキーボードです。ローランドのデジタルピアノから継承した高品位なピアノ音色10音色を内蔵し、61鍵ピアノタイプの新鍵盤を採用。BluetoothR機能を使えば、デジタルならではのピアノの楽しさも広がります。軽量、コンパクト、バッテリー駆動で、いつでもどこでも演奏が可能。大型楽器のピアノを始めるのには少し敷居が高いという方へ、まずは気軽に、かつ本格的に、ピアノを始められるGO:PIANOです。

【Q&A】
Q.電子ピアノとの違いは?
A.電子ピアノと比べると鍵盤の数が少なく、キータッチ(鍵盤の押し心地)は軽いです。主にポップスの演奏にお勧めです。ピアノ教室での課題曲の練習やクラシックの練習には電子ピアノ、出来ればアコースティックピアノ(アップライトまたはグランドピアノ)をご利用頂くのが一般的です。

Q.電源は電池だけですか?コンセントからの給電は?

A.ACアダプターが付属しておりますので、電池でもACアダプターでも駆動致します。

Q.音量調節はできますか?
A.はい、できます。キーボードの左上に付いている音量スイッチで音量を段階的に上げ下げすることができます。

Q.マイク入力はありますか?外部入力は?
A.マイクを繋ぐことはできません。音楽再生用のAUX IN(外部入力端子)は備わっておりますので、スマートフォンやMP3プレイヤーなどを繋ぐ事はできます。

Q.譜面立ては付属していますか?
A.はい、付属しています。

ご確認ください。
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。また、モニタの設定などにより色調が実物と異なる場合がございます。ご購入後に思った色と違うなどでのご返品はお受けできません。
※こちらの商品は店頭及び他のショッピングサイトでも販売を致しております。タイミングによっては売り切れの場合がございます。ご注文時に売り切れの場合は、お取り寄せにお時間を頂くこととなります。予めご了承下さい。













各メーカーの商品説明にはその機種の良い点しか書かれておりませんので、結局どの機種が良いのかというところは分かりにくいと思います。そこで、当店では公平な目線で他の電子キーボードと比較して特に優れている点をピックアップしてご紹介致します。

■アコースティック・ピアノと同じ幅の鍵盤を搭載しつつも、コンパクトなボディを実現
スピーカーを鍵盤の上側に配置することで、横幅約90cmのスリムボディを実現。

■滑りにくい象牙調鍵盤を採用
鍵盤の手触りは好みが分かれる重要な要素の1つです。GO PIANOはポータブルキーボードとしては大変珍しい象牙調の鍵盤を採用しています。タッチ感こそはキーボードらしい軽めのキータッチですが、表面には象牙を模した凹凸があり、手触りはさらさらとしたとした質感が特長です。

■電子楽器メーカーローランドが手がける高音質設計
新製品発表会でデモ演奏を大音量で聴いたのですが、ステージでも普通に使える音質だと思いました。電子ピアノやステージピアノに備わっている「スーパーナチュラル・ピアノ音源※」とは別音源となりますが、ピアノ音色はローランドらしい固い音色も入っていたりと、選りすぐりの音色が凝縮されている印象を受けました。
※録音した音源ではなく、楽器の特性・構造を再現しバーチャルで楽器を造り上げるローランド独自の技術です。

■同時発音数128音
61鍵盤キーボードとしてはオーバースペックとも思える128音というスペック。この数値は88鍵盤電子ピアノの標準規格となります。電子キーボードは音色によって1つの鍵盤を押すと、2つまたは3つを鳴らす音色があります。また、ダンパーペダルを使用しているときも響いている音を含めての発音数となりますので、音を重ねる場合に途切れる音が出て参ります。上級者向けの曲を演奏する場合には同時発音数が多くなければ曲を上手く表現出来ません。

■スピーカー内蔵&電池でも動く
ストリートライブや軽音楽部などでの練習、ご友人宅での練習にも活躍します。

■ワイヤレスでiPadに繋がるBluetooth MIDI対応
本体にBluetooth送信機能が付いているので、ワイヤレスでiPadの練習アプリ(Piano Partner 2)と連動させたり、KORGの音源アプリ(KORGModule)を制御したりすることができます。

■YAMAHA NP-12 piaggero(ピアジェーロ)との比較
1.鍵盤の材質について
ヤマハのピアジェーロはツヤツヤとしたアクリル鍵盤となります。ピアノ経験者の方のなかには、象牙調よりもツヤツヤとした鍵盤の方が好きだ。という方もいらっしゃいますので一概に優越付けがたい点はございます。

2.タッチ感について(個人的感想)
いずれも軽めのキーボードタッチとなりますが、ヤマハのタッチ感は戻りが早くいかにもキーボードといった感じがします。GO PIANOは比べると少しだけ戻りがふわっとしていて、穏やかな弾き心地だと感じました。

3.鍵盤の幅について
若干GO PIANOの方が幅が広く、よりアコースティックピアノに近い演奏感が得られます。

4.操作性
ヤマハ NP-12はボタンがくっきりと付いているので操作が極めて簡単です。ボリュームもツマミ型でスタンダードな使い心地です。一方のローランド GOPIANOは見た目のスタイリッシュ化を図る為か、ボタンの突起が少なくボリュームもダイヤル式では無く上下調整式なので、独特な操作感があります。

▲ライブ用キーボードとしてお考えの場合
・音声出力端子について
音源そのものはローランド直系の高音質設計でございますが、音声出力端子がヘッドフォンアウトと共通のステレオミニプラグになっているのが惜しいと思いました。外部のスピーカーに繋いだ場合、ヘッドフォンを繋ぐ事ができなくなっています。
また、ステレオミニプラグは外径が細いため、キーボードが転倒するなどしてケーブルに衝撃が加わると、プラグの先端が折れてキーボードに残ってしまうというトラブルも懸念されます。ステレオミニ端子のケーブルの取り扱いには十分お気を付け下さい。

・ボリューム調整はノブ式ではなく上下ボタン式
ライブなどリアルタイムの音量調整や微調整が必要となる場面では、断然ボリュームノブの方が使い易いと思いました。。

・バンク機能はありません。
お気に入りの音色を瞬時に呼び出せる「バンク」機能は備わっておりません。その為、ライブでのご使用は1曲につき1音色が基本となります。もし、曲中にピアノ音色から好みのオルガン音色に瞬時に変更したい、という場面があるようでしたら、バンク機能付きのJUNO-DSやKROSS61などをご検討下さい。

▲ペダルはハーフペダル非対応
残念ながらハーフペダルには対応しておらず、ペダル操作はサスティーンがONかOFFの2通りの判定になってしまいます。

●まとめ

■□■□■□【ご要望として】■□■□■□

入門機でも品質の良いものが欲しい

設置場所の制約上コンパクトなキーボードが欲しい

ちょっとしたライブでもキーボード(ピアノ音色)を使いたい

持ち出して使える電池駆動キーボードが欲しい

使う音色はピアノ系に限定され、できれば高音質なものが良い

以上の様な場合、キーボードご検討頂くにあたり、是非、本商品を候補に入れていただきたいです。



キーボードケース付き:持ち運びにも便利なイヤフォン付き
価格
46,111円 (税込49,800 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
送料/北海道は1,500円、沖縄は1,000円  
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

最近の記事

カテゴリ

教室案内

  • イングリッシュアイランド 長浜校 〒526-0057 滋賀県長浜市北船町3-24 えきまちテラス長浜4F 401( アクセス

    電話 0749-63-2115

お問い合わせ

まずはお気軽にスンのお申し込み、お問い合わせください。

ホーム
ホーム
無料体験レッスン
お問合せ・資料請求
アクセス
サービス一覧
プリスクール
放課後児童クラブ
英会話教室
AIC Kids(英検取得コース)
スクールについて
教育理念・代表挨拶
年間イベント
インタビュー
講師・スタッフ紹介
教室案内(アクセス)
学習サポート
English Island TV
お家で英語YouTube!
その他
お知らせ&ブログ
生徒様へのお知らせ
先生向けページ
会社概要
個人情報保護方針